よくある質問(小学部)

小学部

●どんなコースがありますか。

個別指導、クラス指導がございます。

●入塾テストはありますか。

小5生から学力診断テストを実施しております。
コースを決める前に学力診断テストを行い、
個別指導では学力把握と今後の指導に活用し、
クラス指導では入塾テストの役割も兼ねます。

●年度の途中から入塾できますか。

いつでもお越しください。
知識の積み重ねが大切な算数や文章読解の学習においては
より早い時期のご入学をお勧めします。

●授業は週に何回ありますか。

中学受験をされない場合は週1~2回、
中学受験をされる場合は週2~5回です。

●曜日・時間を選べますか。

決められた曜日・時間の通学となります。

●遅刻や欠席の場合どうすればいいですか。

必ず保護者の方から事前連絡をいただくようにしております。
これは、遅刻・欠席の際は相手に事前連絡するという習慣と、
前後の学習の大切さを子供たちに示すことが重要だと考えるためです。

●遅刻・欠席の場合の補習はありますか。

土曜補習制度があり、その週の抜けをカバーしています。
他にも居残り学習や別途日時調整による補習で対応することもあります。
事前に遅刻・欠席の連絡をいただいていることと、
宿題をきっちりとやってきていることが条件となります。

●クラスの定員はありますか。

小4生までと、中学受験コースは10人ほどで授業を行います。
小5生以降のクラス指導は20人ほどで行い、
学校や塾の授業で効果を出すための自己管理力をつけていく指導を行います。

●どのような先生が担当しますか。

専任講師が担任となりますが、
非常勤講師が教科の指導にあたることもあります。
いずれの場合も研修を行い、クラス運営について情報共有を重ねた上で、
担任が学習管理と生徒ケアをします。

●授業の進度について教えてください。

独自のカリキュラムで進めますので、学校の授業に準拠していません。
数年先に中学受験があるのか、それとも高校受験があるのかによって
各コースのカリキュラムを作り、授業を進めています。

●授業はどんな雰囲気で進められますか。

雰囲気が硬くなりすぎると気分転換に冗談を言ったり、
生徒たちと対話する場合はありますが、講師がコントロールしていますので、
メリハリの利いた雰囲気で授業は進められます。

●宿題は出ますか。

宿題はほぼ毎回出ます。
塾の学習だけでは間が空いてしまったり時間が不足したりするためです。
家庭で勉強しづらい生徒さんは自習室を活用して宿題をされています。

●質問はできますか。

もちろんです。
質問ができないような雰囲気ではありません。
また、みんなの前で質問しづらい生徒さんは
休憩時間や授業終了後に先生のところに来て質問したり、
あるいは、先生が見回り中に声をかけたりして対応しています。

●何教科見てもらえますか。

中学受験コースは4科まで可能で、
志望校やご希望によって教科数を決めます。

●1教科から見てもらえますか。

1教科からの選択制です。

●自習室はありますか。また、どれだけ利用してもいいのですか。

ご利用いただけます。自発的に参加される生徒さんが多く見られます。
講師はできる限り質問を受けることのできる距離にいるようにしております。

●懇談はありますか。

各学年、年2回(うち1回は希望制)実施しております。
その他にも臨時懇談を行う場合もございます。

●追加の授業料はありますか。

友学園では最初に年間学費をお伝えしており、
それ以上の費用が発生することはありません。
ですので、計画的に学費をご用意いただけます。

●いつから塾に通うのがベストですか。

確かな計算力が先々の数学の力に、
確かな読解力が将来の現代文・古文、英文読解の力になっていきます。
その基礎が築かれるのは小学生の時期ですので早く通われるほうが得策です。

●体験授業はありますか。

ご利用いただけます。
学年、時期、コースによっては在籍される生徒さんの指導を優先し、
体験内容を制限させていただく場合もございますが、
できる限りの対応を致しますので、お気軽にお問い合わせください。

 

体験授業受付中! お問い合わせはコチラ