公立中学へ進学される小5~小6生の方へ

小5~小6生 コースの詳細はこちら

中学生の学習を取り巻く状況をご存知ですか?

小学生のころと比べて、

・部活で自由な時間が少なくなる。
・中1からの内申点が入試に影響し、内容も難しくなる。
・親の言うことを聞かなくなる。

しかし、小学生のころに「学ぶ力」を一つでも身についていると違います。

・話を聞く力があると、
 学習内容や勉強方法などを、授業中にしっかり理解するようになります。

・文章に触れた経験がたくさんあると、
 読解の解説でも集中することができ、読解力・記述力がぐんぐん伸びます。

・計算や図形をイメージした経験がたくさんあると、
 数学の学習で、理解と定着がとてもスムーズになります。

・勉強する習慣があると、
 宿題や学校の提出物、テスト前の仕上げで学習が滞ることは少なくなります。

・前向きな気持ちがあると、
 うまくいかないときがあっても、また立ち上がります。

これは、成績を上げていく中学生に共通する力であり、
小学生を対象にした授業で友学園が大切にしたい思いです。

小学生のころから塾に通うメリットは?

1 前向きな考えを身につけやすい

小5~小6生には模試を行います。春に一人ひとりの目標を決めます。みんな真剣になります。まだまだ素直なこの時期に、「勉強はやればできるもの」という経験をし、前向きな考えを身につけます。教科数も少なくて部活もないので取り組みやすいのです。やがて中学生になって、一時勉強しなくなることも珍しくありません。そんなとき、自らがんばろうとする心が身についている生徒さんは、簡単にはあきらめないものです。

2 勉強する習慣を身につけやすい

目標を達成するためにどの子もがんばります。優秀者の名は、掲示板や月刊ニュースに貼り出されるため、プライドをかけてがんばる子もいます。そのため、学校や塾では先生の話をしっかり聞き、家では宿題をする、塾では残って勉強して帰る、補習の日に自分から来るなど、自主的に勉強する習慣が生まれてきます。

3 教科数が少ないため、文章読解にじっくり取り組める

文章題は苦手という声をよく耳にしますが、読んで理解するのが勉強の基本であるため、読解力をつけることはとても大切です。小学生は中学生と違って教科数が少ないため、友学園では読解問題にたっぷり時間をかけます。また、模試があるのでみんながんばります。文章読解は一度コツをつかめばその先ずっと役に立ちますので、大きな武器を手にすることになります。

国語の特集はこちら

4 楽しい授業で話を聞く力をつけやすい

こう書くと何か難しいことをしている印象を与えますが、決してそうではありません。授業では生徒と先生の対話も多く、また、真剣な話のあとに冗談があるなどのメリハリもあり、楽しい授業です。その中で話を聞く力が育ちます。人の話を聞いて知識を広げる力がつきます。こうして、中学生や高校生、大学生になっても、学校の授業を聞いて知識を増やすことができるようになります。

5 理系のつまずきの芽をできる限り摘み取っておける

例えば中学生の数学。中1のときの符号のミスや中2のときの文字式の乗除、式に直す際のミスなどはよくやるものです。これを克服するカギは前学年までの学習にあります。中2の課題をなくすためには中1の正負の乗除の学習に工夫をすることが大切で、小6の分数の乗除を学習するときに、「ここだけはきっちりできるように」と、先のつまずきの原因を作らない視点で学習することが大切になってきます。

6 難しくなる英語の基本を学んでおける

発音できない単語は覚えることもできません。そこで、発音と単語のしくみを学び、基本的な単語なら知らなくても読める力を養います。これが英文を読む力の基礎となります。平成29年度入試から英語が難しくなっています。リスニングの比率は従来の20%から33%に、ライティングは8%から20%に、読むスピードについては1分35単語から96単語に。これはかなりの文章量です。高校受験を見据えると、小学生のうちから学ぶことこそ得策であることがわかります。

※ 自習室

自習室をご利用いただけます。自発的に参加される生徒さんが多く見られます。通常授業の理解を深めたい、遅刻・欠席による授業の抜けを補いたい、実力テストや模試に向けて勉強したい、わからないところをもう一度やりたい、家では宿題ができないので、自習室でしたいなど、ご利用方法はさまざまです。講師はできる限り、質問を受けることのできる距離にいるようにしております。
※利用していただけない曜日・時間帯もあります。

小5~小6生 コースの詳細はこちら

体験授業受付中! お問い合わせはコチラ