小学生から国語・英語を勉強する利点

 特集1 小学生の読解力が劇的アップ!

小学生の時期は読解力をつける絶好のときです。教科数が少なく、また、部活がないためにへとへとになって塾に来ることもありません。アドバイスもしっかり聞いて守ってくれます。読解力がつくと中学生になっても国語で大きく困ることは少なくなります。

ここでは国語の原田先生が担当する生徒さんをクローズアップしています。まずは、事例を見てみましょう。

中学受験生 国語の偏差値が小6で大幅アップ

担当した高瀬教室の3名中3名の成績です。コツをつかむまでは少し時間がかかりますが、一度わかるとぐっと伸びます。 ※五ツ木駸々堂テスト

小6から在籍の中1生 国語の偏差値が大幅アップ

小6から在籍の中1生と、中1で入塾した中1生を、夏模試の偏差値で比較しました。入ったころは同程度の成績でしたが、小6からの在籍生は10近く高くなっていました。以下は小6からの在籍生の伸びです。※育伸模試

 

受験しない小6生 国語の偏差値が大幅アップ

事例2の翌年に担当した6名中5名の成績です。当初あった「読解問題は苦手」という声はほとんど聞かれなくなりました。 ※育伸模試

担当より

多くの生徒さんは読み方を知りません。ですので、まずは読み方を指導します。読み方がわかってくると、心情や構成をつかむことができるようになります。「問い」の読み方も指導します。これだけで多くの生徒さんは書かれていることと問われていることとを結びつけることができ、自分から進んで読解問題の扉を開くようになります。やり方がわかったからです。

やり方がわかると前向きになる。前向きになるといろいろなことにチャレンジしれくれる。こうした循環を意識しています。また、むやみに読書を勧めてもあまり効果はありませんが、読み方がわかると読書の仕方も変わり、効果が期待できるようになります。

小学生はこうしたことに時間をかけられます。時間にゆとりがあるからです。小学生のみなさん。中学に入る前に文章の読み方を知って、いろんな表現に触れて、読解力を養いましょう。また、低学年クラスでも、本の読み聞かせや音読によって言葉をイメージする経験を重ねています。

読解力をつけることは他の教科にもプラスになり、自分への最高の贈り物のひとつになると思います。ぜひ授業に参加してみてください。

小学生 各コースについてはこちら

 

特集2 英会話スクールで英語力が劇的アップ!

併設の英会話スクールで英語力が劇的アップ!                         

併設の英会話スクールに、小さいころから通われている生徒さんがどれぐらい英語を習得したのかを見ていただきます。

 


早く始めた生徒さんは、中2~高1あたりで英検2級に合格されていることがわかります。また、その後の大学入試の模試でも高い偏差値を取っていることがわかります。友学園の英会話スクールは、小学生から始めてもこうした力を養成できる道筋を作ってきました。興味をお持ちの方はぜひ一度ぜひお問い合わせください。

英会話スクールについてはこちら

体験授業受付中! お問い合わせはコチラ